【答志島旅館組合】鳥羽湾に浮かぶ答志島に23軒の旅館・民宿・ペンションで形成。 三重県鳥羽市答志町 tel 0599-37-2822 

 答志島MAP       大きな地図で見る  



宿泊施設一覧         詳細ページ
施設名 TEL 地区 区分
・海女乃島荘 0599-37-2020 答志 旅館
・角勢 0599-37-2055 答志 民宿
・定洋 0599-37-2011 答志 旅館
・美さき 0599-37-2141 答志 旅館
・しま 0599-37-2284 答志 民宿
・富栄 0599-37-2036 答志 民宿
・やま七 0599-37-2034 和具 旅館
・八島 0599-37-2075 和具 旅館
・寿々波 0599-37-2001 和具 旅館
・日松館 0599-37-2051 和具 旅館
・はまや 0599-37-2221 和具 旅館
・福吉 0599-37-2025 和具 旅館
・山幸園 0599-37-2216 和具 旅館
・やま助 0599-37-2148 和具 旅館
・中村屋 0599-37-2065 和具 旅館
・宝屋 0599-37-2309 和具 旅館

同組合提携宿泊施設をご利用の方に
双方プレゼント!
(ご利用施設より贈呈)
○ 駐車場無料チケット贈呈
     (市営佐田浜第一駐車場)
○ お土産割引券贈呈 
     (鳥羽一番街)

旅館組合関係者


   
 【答志島旅館組合の取り組み】
 
■御食国(みけつくに)をアピール!
 ■『観てよし!食べてよし!遊んでよし!』の離れ島ならではの魅力を強化する活動を実施しています。
 ■エコ企画「My箸キャンペーン」…答志島旅館組合では環境問題にも関心を高めています。皆さんご協力お願い致します。
 ■安心・安全な島つくりを目指し、海水浴場(白浜海水浴場・サンシャインビーチ)にAEDを2台設置しました。
 
■御食国(みけつくに)とは・・・

日本古代から平安時代まで、(にえ)の貢進国、すなわち皇室・朝廷に海水産物を中心とした御食料(穀類以外の副食物)を貢いだと推定される国を指す言葉。律令制のもと租・庸・調の税が各国に課せられたが、これとは別に贄の納付が定められていたと考えられる。『万葉集』にある郷土礼讃の歌に散見され、『延喜式』の贄の貢進国の記述、平城京跡から出土した木簡の記述などから、若狭国・志摩国・淡路国などへの該当が推定されている。

『延喜式』によると、志摩国は10日毎に「鮮鰒(なまのあわび)、さざえ、蒸鰒(むしあわび)」を納めることが定められていた。また節日ごとに「雑鮮の味物」の献上も定められていた。
平城京跡から発見された木簡に「志摩国志摩郡」の表記が見られ、当初は志摩国は一国一郡であったと推定される。その後の『延喜式』では答志郡、英虞郡の二郡である。田畑はわずかで、口分田として尾張国、伊勢国にあった田が志摩国に割当てられている。先に述べた若狭と同様にこのような小国の成立は、小島が点在した地理的条件とともに、政治・宗教的な特殊事情があったと推定される。

■御贄奉納(みにえほうのう)・・・

答志島旅館組合では、御食国を意識し、現在も毎年2月に旬の海産物を伊勢神宮へ奉納しております。

 

お役立ち情報!
 交通関連・・・  近鉄HP 鳥羽市営定期船HP 伊勢湾フェリーHP ハイウェイナビゲータHP
 買物関連・・・  鳥羽磯部漁協 魚販売-鳥羽一番街-鳥羽パールタウン 
 観光情報・・・  王将マリン
 気象関連・・・  tenki.jp
 体験関連・・・  答志島体験学習